為替レートの未来を予測するFXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

解説【ロンドンフィキシング・オプションカット・仲値算定】


【ロンドンフィキシング・オプションカット・仲値算定】   
                  



FX外国為替市場は24時間取引できるグローバルなマーケット
しかし24時間の中でマーケットが
動意づく時間帯があります。。

FXトレーダー
であれば以下時間帯は要注目です!

仲値算定
ロンドンフィキシング
NYオプションカット
 
_____________________________


【動意づく時間帯】

<マーケットが動意づく時間帯>(時間は日本時間)
東京時間→「仲値算定」9:55頃
欧州時間→「ロンドンフィキシング」翌1:00頃
NY時間→「オプションカット」翌0:00頃
※サマータイムは1時間早くなります

「仲値算定」「ロンドンフィキシング」「オプションカット」について説明します。



仲値算定】_________________

仲値=TTMレート
毎日9:55頃のインターバンク市場の為替レートを基準にして各金融機関(銀行等)が決定する対顧客取引レートの基準となるレート
外国為替レートは24時間動いていますが銀行での外貨両替などはその日の仲値で一日のレートが決まります→10:00以降にどんなに大きく動こうがその日の対顧客レートが変わることはありません。
(外貨預金も同じです)
※銀行のドル資金の需給関係がTTMレートで調整→相場が大きく動き出す。



【ロンドンフィキシング】 ________________

日本時間 25:00(現在はサマータイムで24:00)
フィキシング=価格を決めるの意味
ロンドンフィキシング=金のスポット価格を決める

ロンドン市場は金などの貴金属の取引では世界で重要な位置を占める→ここで決められる金の価格=世界の金の価格となる。
金はドル建で取引→ロンドンフィキシングはドル資金の需給関係に影響を与える→相場が大きく動き出す。



【NYオプションカット】 _________________

日本時間 24:00(現在はサマータイムで23:00)

通貨オプションとは「将来のある期限までにある価格で通貨を売るまたは買う権利を売買すること」
オプションカット=通貨オプションの権利行使期限

上記オプションカットに絡んで外国為替市場に影響を与える→相場が大きく動き出す。

特にNYでは通貨オプション取引が活発→権利行使期限(オプションカット)の時間帯=「NYオプションカット」の時間帯→相場が大きく動きだす。



FXは24時間取引できますが
有効にトレードをするなら上記時間帯の確認はとても重要です!!
是非トレードの参考にして下さい。
_____________________


【FXランキングで最新情報をGET!】  
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ   FX 為替 投資のためのブログ記事サイト


【知識0からのFX投資】
FX無料セミナーin群馬

お問い合わせメール 
info@fx-biz.net  

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。