為替レートの未来を予測するFXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

【プロのライン EUR/USD】月足→「化け線解説」→週足→日足→時間足

【プロのライン EUR/USD】                  

今回はユーロドルのトレンドライン_______

まずは【月足】※大きいトレンドを把握する事から開始

月足

<解説>→2009年1月29日携帯配信より一部抜粋

1998年10月1.2231高値を示現→下落トレンド→2000年10月歴史的最安値0.8230を示現。
2000年4月頃まで安値圏での三角持合いを形成→上にブレイクし約4年に渡る上昇トレンド→2004年12月1.3666を示現。(サポートラインが綺麗に引けます)
2005年は調整の下落トレンド(2005年11月安値1.1640)(レジスタンスライン)
2006年から2008年夏まで上昇トレンド(サポートライン)
2008年8月に上記サポートライン下抜け→歴史に残る大暴落→同年10月1.2326安値を示現。
同年12月に急反発(リバウンド)高値1.4717を示現→その後は安値圏でのレンジ相場。
______________________________

【12月の化け線】
化け線

<解説>→1月配信より一部抜粋
チャートを確認して頂くと陰線を連ねて下落している時に突然大陽線が出現しています。
しかしこうした陽線は「だまし」であることが多いことから「化け線」と呼ばれています。
すべてこの陽線が「だまし」とは限りませんが既報の「クリスマス相場=市場が薄い相場」であったことや年明けに大きく陰線をつけて下落していることからも「化け線」である可能性が高いとみています。(判断するには時間的経過が必要です)
そうなると下落トレンドの中で一気に吹き上げた訳ですからいいコストで仕掛けることができると思います。
_________________________

【週足】
週足

大きい下落後の安値圏でのレンジ相場

ポイントはダブルボトム完成間近であるという事。

仕掛けに入るポイント=チャートポイントに来ています。
______________________

【日足】
日足

三角ウエッジ上にブレイク
→その後サポートラインが意識された値動き

そしてサポート下にブレイクとなっています。
__________________

【時間足】※短い時間軸の為記載時間を入れます(6/8 23:45)
時間足

意識されたサポートポイント→下にブレイク

その後上記サポートライン→下にブレイクとなっています。
________________________

チャートでの確認
トレンドラインでトレンドの確認
テクニカルをMIXさせることで勝てる確率はUPします。。


__________Author: Fxbiz __________ 

FXブロガーさん達のコメントチェック&ランキングは下の4ポチからどうぞ!
 
        にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ   FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

注意!迷惑メール対策で「指定受信」の設定をしている方は
以下のアドレスからのメールが受信できるよう登録してください
mail@fx-biz.net
 info@fx-biz.net 

FXサポート配信サービス 

マーケット情報/重要指標影響度ランク/ファンダメンタルズ
プロのトレンドライン/MA/RSIOMA /ICHIMOKU
売買ポイント・シグナル配信


Fxbiz.co.ltd _______________________


スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。