為替レートの未来を予測するFXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

市場心理の節目下抜けのショート戦略 【参考配信】

エフエックスビズの加藤です

FXの売買ポイントとされる市場心理の節目とは。。

今日は市場心理の節目についてのコメントです!

当社FXサポート配信サービスの実績を公開します。
毎日4回~5回配信
売買ポイント・シグナル
重要指標影響度ランクを配信

他のFXブロガーの投資情報はこちら↓
                    にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

*実際に配信されたものです。
【1/20(火) 19:47】 ※一部抜粋
______________________________
1/20ポイント④ラスト

【米ドル/円】
ポイントは変わりません
「1/20ポイント①」の通りです。
短い時間軸→上のレジスタンスポイントは91.70付近(12/5安値91.58 1/9高値91.68)
サポートは既報の通り市場心理の節目90.00が意識されます(昨日安値90.13を示現)
→本日安値90.07示現後現在は上記の通りドル買いの動きが強まり90円台後半の値動きとなっています。
既報の市場心理の節目90.00サポートが意識されています。
短い時間軸では上記ポイントでのレンジ相場を形成→レンジ相場の特徴を利用した仕掛けも短い時間の中では有効です。
日足ベースのポイントも確認しながら仕掛けを組み立てることになります。

例えばレンジ下抜けの場合(参考配信)
<90.00サポートが意識された値動き→サポートポイント90.00割れ→レンジ下抜け→素直についていく→リミット(利益確定)は日足ベースサポート87.00付近上※一度近いサポート88円MIDでの利益確定で様子を見る→急激なリバウンドに注意しながら87.07下抜けの構えはしっかりと行う。
ストップはレジスタンスポイント91.70付近。
(強いレジスタンスポイントは94円MID付近ですがストップ数値が大きく離れてしまう為損失を考慮した上での設定)
ドル上昇→ストップは躊躇なく敢行→ドテン買いで行くべきかも知れませんがトレンドとは逆のポジを持つことになる&既報の「大統領就任式」でのポイントを考慮し「売り場探し=戻り売り」→いいコストで仕掛ける>
トレンドフォロー・売買ポイント・日足ベース/短い時間軸・ファンダメンタルズを確認し組み立てると上記のような仕掛けが成り立つと思います。

参考資料⇒クリックすると拡大します。

米ドル/円チャート(1時間足)
0124USD1H
参考資料⇒クリックすると拡大します。

米ドル/円チャート(8時間足)
0124USD8H
_______________________________
 

毎日配信している内容をそのまま公開しております。

お試し期間としまして2週間無料となっています。

携帯のメールアドレスを入力するだけで簡単に配信が受けられます。

配信希望の方はこちらをクリックしてください⇒
FXサポート配信サービス
携帯アドレス入力→無料配信開始→2週間経過後配信終了(手続きはありません)
継続購読希望→有料申込フォームより手続きが必要となります。

今後も実績の公開を行っていきます。
(既購読者の利益を守る為配信後の内容を公開します)



^^応援クリック3ポチありがとうございます^^     
        にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 


:::FX投資コンサルタント会社:::エフエックスビズ株式会社:::

http://fx-biz.net/



スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。