為替レートの未来を予測するFXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

【短期で勝負がつく→米国雇用統計】 【欧州経済の悪化に歯止めかからず→BOE利下げ】

エフエックスビズの加藤です

当社FXサポート配信サービスの実績を公開します。
毎日4回~5回配信
売買ポイント・シグナル
重要指標影響度ランクを配信

米国雇用統計に向けて… BOEの利下げについてのコメント

*実際に配信されたものです。
【1/9(金) 12:27】
______________________________
1/9ポイント④


【BOE政策金利】コメント
昨日1月8日21:00(日本時間)発表
BOE(英中銀=イングランド銀行)政策金利発表
現行の2.00%から0.50%引き下げ1.50%へ(事前予想通り)

利下げは4カ月連続
1%台はBOE設立後初
昨年12月過去最低の2.0%(57年ぶりの低水準)に引き下げたばかり
雇用の悪化・住宅価格下落・個人消費の落ち込み→「ゼロ金利政策」を視野に入れた段階的な利下げ
3月頃に市場への資金供給量を高水準に保つ「量的緩和」に政策の軸足を移す見解もある
通貨ポンドはユーロに対して最安値を更新
15日はECB(欧中銀)政策金利発表→追加利下げの見通し
※要するに欧州経済の悪化に歯止めが掛からない状態であるということです。

0109政策金利一覧 


【米国雇用統計】のコメント(過去配信済みから一部抜粋)
本日22:30に発表されます米国の雇用統計についてですが雇用統計は毎月第一金曜日(日本時間)に発表されます。(1/2は年始の為1/9となりました)
なかでも非農業部門雇用者数変化に注目されています。
米国は建国以来「完全雇用」を国家の方針としている為失業率などの指標は金融政策にも大きな影響を与えるため為替市場ではとても重要視されています。
発表直後は大きく振れるので注意が必要です。
値動きのスピードが早く思ったところで約定しないといった「スリッページ」が起きたりスプレッドも大きく開くといったシステムリスクを抱えながらのトレードになることを理解しておく必要があると思います。
指標狙いのトレードは短期で利益を狙えるというよりも短期で勝負がつくといった表現が正しいのかも知れません。

_______________________________
 

毎日配信している内容をそのまま公開しております。

お試し期間としまして2週間無料となっています。

携帯のメールアドレスを入力するだけで簡単に配信が受けられます。

配信希望の方はこちらをクリックしてください⇒
FXサポート配信サービス
携帯アドレス入力→無料配信開始→2週間経過後配信終了(手続きはありません)
継続購読希望→有料申込フォームより手続きが必要となります。

今後も実績の公開を行っていきます。
(既購読者の利益を守る為配信後の内容を公開します)



^^応援クリック3ポチありがとうございます^^     
        にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 


:::FX投資コンサルタント会社:::エフエックスビズ株式会社:::

http://fx-biz.net/


スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。