為替レートの未来を予測するFXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

FXの夏休み?

こんにちは! 加藤です。

昨日、子供の友達親子が自宅に遊びに来てくれました!

15人という大勢でしたのでとてもにぎやかで、楽しそう。
夏休みなんだなーと改めて実感しました。

外国為替市場も夏休みになると、市場参加者が少なくなるため値動きが乱高下する傾向があるのでストップは必ず設定しましょう。

市場参加者が少なくなるのもひとつの「リスク」と捉えて、ゆとりをもってトレードしたほうがいい結果に結び付きます。

昨年の夏休みや、今年の年明け早々に起こった「急激なドル安(円高)」も市場参加者が少ないときに起きているので注意が必要です。

注意とは…なにをすればいいの?

ポジションを持っている人は必ずストップを入れることです。

こんなに下がるとは思わなかった…

なんていう人は、個人の思惑で話しているだけです。

相場に個人の感情は入れてはいけません。

相場に絶対はありませんから!

あともうひとつ、よく相場に臨む格言で「休むも相場」という言葉があります。

ポジションを持っているときだけ、「相場に臨んでいる」と思い込んでしまう人が多いと思いますが、

ポジションを持たない状態でも「相場に臨んでいる」と思わなくてはいけません。

そして「休む」という言葉を、「全くの無関心になってください」という意味で捉えるのではなく、
ポジションを持たない「スクエア」の状態で、相場を客観的に見るようにしてください。

ゆとりを持って相場を見ると、今まで見えなかったものが見えてくるかもしれません。。。

ゆとりを持ってFX!

また会いましょう!



ブログランキング応援お願いします!










スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。