為替レートの未来を予測するFXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

初公開!実績公開【FXサポート配信サービス】エフエックスビズ株式会社

こんにちは エフエックスビズの加藤です。

当社のFXサポート配信サービスの実績を公開します。
毎日4回~5回配信
売買ポイント・シグナル
重要指標影響度ランクを配信

【10/29日ラスト~10/31日朝迄】*実際に配信されたものです。


【10/29(水)20:17】
______________________________
題名 10/29のポイント⑤ラスト

ドル円・クロス円ともに方向感がない動きとなっています。
【米ドル/円】
既報の通り市場心理の節目100円と強いレジスタンス103円MIDを意識した戻り売りの仕掛けが成り立ちます。
100円手前での売り(ショート)仕掛けでストップは103円MID付近。(ボラが大きい=ノイズも大きいのでノイズ対策も必要と考えます:50~100pips程度)
100.00を上に抜けた場合はショートスクイズ(=ショートカバー)を起こし102円台~103円台までの動きとなる可能性があると思います。
その時も売り(戻り売り)にいけるポイントであると見ています。
売り逆指値(トリガー)であれば95円MIDのサポートを勢いよく割ったら付いていく事もできますが根拠あるストップがないので強引にストップ(200pips程度と見ますが強い根拠はありません。不必要な損失は出さない事が大事)を作ってのエントリーとなります。
売りスタンスは変わりませんが上記の理由からチャートを見ていられる方は短い時間軸を使った中での買い(ロング)仕掛けも成り立つかもしれません。
その時はポイントを意識した早めの手仕舞いが得策です。(あくまでもトレンドは下です)
何度も言いますが最近のNY時間の終盤(日本時間早朝)は大きな動きがでています。
特に今日は27:15にFOMC政策金利&声明があります。
サプライズがあれば大きく動くことは間違いありません。
早く起きて勢いに乗っていく事が出来ればいいのですが恐らく皆さんの寝ている間に動くと思います。
現段階ではボラが大きいのである程度の振幅を考慮したトレードが必要になります。
建値枚数が少なくするといったリスクコントロールも今の乱高下する相場には必要なことだと思います。
今の動きを見ますとビッグイベントに向けての調整に入っているようにも見えます。
*ユーロ円は10/24高値127.33本日高値127.34を意識したレジスタンスライン127円MIDがあります。
今の数値からだいぶ離れていますが今のボラの大きさからいってもこのラインを使ったトレードも有効かと思います。
今日はここまでです。お疲れさまでした。



【10/30(木)07:27】
______________________________
題名 10/30のポイント①

おはようございます。今日も一日よろしくお願いします。
今週の焦点であったFOMC政策金利発表は0.50%利下げ→1.00%(予想通り)となっています。
NYダウは米利下げを受けて一時9300ドルと上昇したものの終盤売りに押され74ドル安の8990ドルで終了しています。
【米ドル/円】
昨日のラスト配信から今朝までの振幅は150pips程でした。
現在も落ち着いた値動きをしています。
米ドルの意識されるポイントは昨日と何ら変わりはありません。
様子見となります。
【ユーロ/円】
既報の通りレジスタンスラインが効いています。短い時間でのトレードでは有効だったと思います。(一時間足を見て頂くとわかりやすいです)
テクニカルポイントである127円MIDを意識した戻り売りで仕掛けにいけますがボラの大きさや下値が少しづつ切り上がっていることや少し粘っている事が気になります。ポジ持ちにいかれるのであればこの事を含めた中でのトレードとなりそうです。
利益が出たら早めに確定してしまう事も必要です。
127円MIDを上に抜けると132円付近その上が133円MIDにレジスタンスがあります。
127円MID上に勢いよく抜けていくのなら買い(ロング)で付いていく事もできます。利益確定数値はレジスタンスの下になりますがトレンドはユーロ安です。
ロングポジを持つのであれば早めの判断が必要と見ています。
今日はここから入ります。



【10/30(木)07:44】
______________________________

題名 10/30のポイント②重要指標影響度ランク

<本日の重要指標影響度ランク>

08:00 豪
コンファレンスボード景気先行指数
ランクC

11:00 NZ
NBNZ企業信頼感
ランクC

16:00 英
ネーションワイド住宅価格
ランクC

17:55 独
失業率/失業者数
ランクB

19:00 欧
消費者信頼感
業況判断指数
ランクC

21:30 カナダ
鉱工業製品価格
原料価格指数
ランクC

21:30 米
第3四半期GDP(速報値)
個人消費(速報値)
第3四半期GDPデフレーター(速報値)
第3四半期コアPCE
ランクS
新規失業保険申請件数
ランクA

<要人発言>
21:30 米
クロズナーFRB理事 講演
23:00 欧
ウェリンク・オランダ中銀総裁 講演
28:15 米
イエレン・サンフランシスコ連銀総裁 講演

*重要指標ランク*
影響度(大)SS>S>A>B>C(小)
資金管理はしっかりと行いましょう。



【10/30(木)10:35】
______________________________
題名 10/30のポイント③

ドル円・クロス円ともに急上昇しています。
ユーロ円はレジスタンスラインであった127円MIDを勢いよく抜けました。
(一時ユーロは130.69、米ドルは99.12を示現)
ユーロを勢いに乗って買い(ロング)から入る事ができた方は既報の通り早めの判断(利食い)が必要と見ています。
現在は押し戻されて129円MIDで大きいボラでの動きとなっています。(10:35)



【10/30(木)12:14】
______________________________
題名 10/30のポイント④

日経は318円高の8530円で前場を引けています。
為替市場は大きい値動きとなっています。
現在は本日の高値圏での動きとなっています。
ユーロ先程の配信後に本日高値131.06を示現しました。
その後押し戻されていますが今の相場では100pips程度の動きは非常に短い時間で動くので注意が必要です。
(そのため早い利食いが必要だと判断しました)
以前にも述べましたが何銭ではなく何円という大台(ビッグフィギュア)で数値を捉えていく事が大事です。その為の建値枚数の調整は必要だと思います。
これからですが今から買い(ロング)というと米ドルは心理的な節目100円その上には強いレジスタンスライン。
ユーロは132円付近から133円MIDまでのレジスタンスゾーンがあります。
このテクニカルポイントを意識したトレードとなると思います。
既報の通り米ドルは100円を超えるとショートスクイズを起こす可能性がある為100円手前(99円台)での売りスタンスは変わりませんがそこを抜けた時は102円台103円台まで一気に行く可能性もあります。
そこも売りにいくポイントと見ますが(強い根拠あるストップ設定ができる為)短い時間軸では買い(ロング)にもいけると思います。
もちろんその時はクロス円も上昇スピードが上がると思います。
その時は大きいトレンドは売りで変わりがないので早めの利益確定の判断は必要だと思います。
大きい振幅を捉えた中でのトレードとなれば上記のようなポイントで狙っていけると思います。



【10/30(木)18:57】
______________________________
題名 10/30のポイント⑤ラスト

日経は817円高の9029円で取引を終了。
上昇率は歴代4位となっています。欧州勢参入時間帯にドル円・クロス円が上昇しましたが現在はやや値を戻しています。
【米ドル/円】
テクニカルのポイントは変わっていません。
既報の通りです。
しかし時間の経過によりチャート上では三角待ち合いを形成しており(一時間足を確認して下さい)煮詰まり感が出ていると見ています。
三角待ち合いはどちらかにブレイクすることによってたまった力が放たれます。
上か下かは誰にもわかりませんがテクニカル的には仕掛けがしやすい形になっていると思います。
大きいポイントでいえば市場心理の100円強いレジスタンスの103円MIDです。
短い時間軸を使えばブレイクした方向についていくといった事もできます。
大きい振幅なのである程度の利益が出たら早めに手仕舞うといった判断が必要です。
上に抜けた場合はすぐに100円の節目がある為そこでの判断ですが薄利で利食いもしくは建値にストップ設定を変更し100円越えを狙うといった買い(ロング)仕掛けもできると思います。
下は98.00付近のサポートを明らかに割ったら売りに行けると思います。
あくまでもトレンドはドル安です。
今は調整の段階であると見ています。
【ユーロ/円】
大きいポイントは変わりありません。
132円付近から133円MIDのレジスタンスラインを意識したトレードです。
こちらもユーロ安のトレンドに変わりはありません。
短い時間軸ですと129.00付近~131.00付近のレンジ相場でしたがコメントを書いている最中に下に抜けました。下で意識されるのは当初レジスタンスであった127円MIDです。(今はサポートに変わっています)
ここを下に抜ければ大きく下落する可能性は高いと見ています。
具体的な数値は出してはいませんが大きいポイントと短い時間でのポイントについて判断をしております。
今の振幅の大きさからいってもこのような判断でトレードをしていくのが良いと思います。
ポイントを押さえながらストップを設定することで不必要な損失は抑えられると思います。
今日はここまでです。お疲れさまでした。



【10/31(金)07:22】
______________________________
10/31ポイント①

おはようございます。今日も一日よろしくお願いします。
NYダウは一時9000ドルの大台を割り込む場面もありましたが189ドル高の9180円で取引を終了しています。
【米ドル/円】
大きいポイントに変化はありません。(ドル安トレンド・売買ポイントも変更なし)
市場心理の節目100円その上の103円MIDのレジスタンスを意識してのトレードとなります。
やや煮詰まり感も見えるので動きが出てきた時の対応になると思います。
【ユーロ/円】
ポイントに変化はありません。(ユーロ安トレンド)
上に132円付近から133円MIDのレジスタンスゾーンを意識したトレードです。
ユーロ大きくとれた方もいると思います。
大台(ビッグフィギュア)でとらえれば131円付近で売りから入れたタイミングがあったと思います。
129.00~131.00付近のレンジ相場となっていた事や根拠あるストップ数値が出ていたことからもレンジ内の上付近で売りに行けたと思います。(もちろん天井で売る事は出来ないと思っています)
またこのタイミングを逃してしまってもサポートの127円MIDを下抜けしたところでの売りに行けたと思います。
夜トレードされる方の時間帯であった為いい形でとれたのではないでしょうか。
現在欧州通貨・オセアニア通貨が弱含みとなっています。
今日はここから入ります。

_______________________________
 

毎日配信している内容をそのまま公開しました。

お試し期間としまして2週間無料となっています。

携帯のメールアドレスを入力するだけで簡単に配信が受けられます。

配信希望の方はこちらをクリックしてください⇒
FXサポート配信サービス

エフエックスビズ株式会社

HP 
http://fx-biz.net/

参考資料(10/29~10/31迄)⇒クリックすると拡大します。


米ドル/円チャート(1時間足)
USD

ユーロ/円チャート(1時間足)
EUR

今後も実績の公開を行っていきます。
(既購読者の利益を守る為配信後の内容を公開します)

ブログランキング応援お願いします!

@応援クリックはこちら@
       ↓      

   
   
       ↓      
   
   
       ↓      
   
にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ 

 
応援ありがとうございます!


スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。