FXゆとりスタイル

為替レートの未来を予測するFXブログ
月別アーカイブ  [ 2008年08月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

FXと東証アローズ

こんにちは!加藤ですこんにちは!加藤です

昨日のFXと株式投資の話は思いもよらず?大反響でした。

みなさんの(潜在的な)投資についての関心の高さに少し驚いています。

昨日の続きですが、先月「東証アローズ」に行ってきました!

FX(外国為替保証金取引)の会社訪問で東京に行ったときに、時間があったのでチョコット寄り道。

東証アローズとは「東京証券取引所の投資家向け情報発信センター」の事。

私なりに言うと、株価が電光掲示板をぐるぐる回っているところ。TVでよく見るやつです。

興味本位で入場しました。

入場料は無料。

入場の際には、警備員2人から持ち物検査や金属探知器を通るなど厳戒態勢

緊張しながら入っていくと、電光掲示板が回っています!これだTVに映っているのは。。。

興奮したのもつかの間、すぐに冷めてしまいました。

なぜか?見学者が私だけだったのです。。。

昔は証券取引所と言えば何か活気のあるところでした。

今はコンピュータ取引なので、あたり一面シ~ンとしています。
(1999年5月に全面コンピュータ化になりました)

10分で見終わってしまい(東京証券取引所の歴史などが展示されています)出口に向かう途中でやっと数組の見学者とすれ違いました。

ほっと しました。

厳重警戒の中、入場許可証を首に下げ見学したのが私一人では恥ずかしいですもんね。。。

それでも、私が行ったのは「日本経済のメインステージ・東京証券取引所」

ニューヨークのウォール街・ロンドンのシティと並んで世界3大証券市場の一角を占める東京の日本橋兜町。

そんな日本経済の心臓部を見学したい方は東証アローズをチェック!

みたい方はどうぞ!お勧めです。。。というか「百聞は一見に如かず」です。

FX取引が行われている外国為替市場も

ニューヨーク・ロンドン・東京が世界3大市場になっています。

しかし、外国為替市場の取引高で言うとロンドンが4割、ニューヨークが2割、東京が1割、他(オセアニア地域・アジア地域・中東)で3割です。

東京市場はたったの1割なんですね。

ただし、FX取引をするのには日本が最高の場所なのです!

なぜでしょう?

ロンドン市場の午後とニューヨーク市場の午前が(時差の関係で)重なるため、一番取引が活発になるのは日本時間の夜9時から深夜1時までです。

そうです!日本の夜が、活発に取引されている時間帯となる為、外国為替市場のゴールデンタイムとなっています。

パソコンとインターネット環境があれば24時間世界と繋がっています。

だからこそ、サラリーマン・OLや主婦の方も仕事・育児が終わった後からでも、ゆっくりとゆとりを持ってFXトレードができるのです!そして日本の夜は為替市場のゴールデンタイム!

私たちはFX取引をする上で最高のロケーションにいます。

最高の場所で最高のスタートをきりませんか?

最高のスタートを応援します!

エフエックスビズ株式会社はFXトレーダーを応援しています。

是非ホームページをチェックして下さい! こちらをクリック!

また会いましょう!


ブログランキング応援お願いします!
ここをクリック ↓

ここをクリック↓

応援ありがとうございます!

スポンサーサイト
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。