FXゆとりスタイル

為替レートの未来を予測するFXブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  --/-- スポンサー広告 トラックバック(-) | コメント(-)

FX大量淘汰の時代!FX業者に対する不信感がトレーダーの最大の関心!?いずれは5~10社に再編淘汰?

【FX業者大量淘汰の時代へ】
                    
ちょっとショッキングなタイトル!
ですが…これがもし現実となったら。。
自分の資産は自分で守る!これ基本です!!

最近特に気になるFXの話題といえばFX業者に関する事!
ブログのコメントなどを見てもFX業者に対する不信感なるものがFXトレーダーの関心事に
なっているようです。
(FX業者の誇大広告・トレードシステム・証拠金の管理状況等・・・)

そんな時、気になる記事を思い出しました。。
それは昨年の冬の雑誌に書かれていたことです。
ちょっと紹介します。。
______________________________

週刊
東洋経済(2008.11/8) (とても参考になる情報誌です)

スペシャルリポート
【FX130社に迫る大量淘汰の足音】
抜粋しますね。。

FX市場の急速な拡大の中でFX業者の競争が激化!
→新たな退場者が現れた!(12月のトレーダーズFX)
トレーダーズFXは取引手数料無料(もう業界標準となっています)
そしてレバレッジ最大400倍(まあ最近ではよく見る数字)
そして…
スプレッドも最低で0(ゼロ)!
(FX会社の手数料がゼロってことはトレーダーズは儲からない!でしょう!?)

無理してでも顧客を獲得する作戦!!
当たり前ですが。。すぐに撤退7月に新規参入で10月末には撤退発表!

これでは誇大広告というレベルでなくの広告ですね(;一_一)

またこの会社のカバー先にあのリーマンブラザースが名を連ねていた事も命取り。
→顧客の証拠金をリーマンに預託→破綻によって貸し倒れ・・・

そんな事もあって金融庁でも
表面化し始めたカウンターパーティリスク(取引相手の信用リスク)の実態把握へ!
となった訳であります。

まだまだ詳しく書いてありますが…

最後には
Y経済研究所のS氏によれば
「今後は経営体力の劣るFX業者が退場を迫られる」と指摘

またFXプライムの社長さんは
「遅かれ早かれ5~10社まで寡占化するのでは」と言っている。。
___________________________

130社ほどのFX業者が5~10社になるとの発言には
きでした!

ネット上でのFX業者に対する不信感は日を追うごとに強くなっている
印象を受けます。

たしかにスプレッド縮小・固定などは私たちFXトレーダーにとっては大きな魅了です!
しかし使ってみたら全然違うのではいけません!

誇大広告を謳っての顧客獲得はFX業界の盛り上がりに水を差すだけです!

私がFXの世界に飛び込んだ理由は
世界規模で公正なマーケット
にとても魅力を感じたからです。。

クリーンなFXで業界を盛り上げていこうではありませんか!

熱くなってしまいましたが、心からFX業界の発展を祈っております(^O^)/
様々な意見や情報がもっと出てくることを期待してます!

__________Author: Fxbiz __________ 

FXブロガーさん達のコメントチェック&ランキングは下の4ポチからどうぞ!
 
        にほんブログ村 為替ブログ 為替投資情報へ   FX 為替 投資のためのブログ記事サイト

注意!迷惑メール対策で「指定受信」の設定をしている方は
以下のアドレスからのメールが受信できるよう登録してください
mail@fx-biz.net
 info@fx-biz.net 

FXサポート配信サービス 

マーケット情報/重要指標影響度ランク/ファンダメンタルズ
プロのトレンドライン/MA/RSIOMA /ICHIMOKU
売買ポイント・シグナル配信


Fxbiz.co.ltd _______________________


スポンサーサイト
経済指標
FX Online Japanブログパーツ
政策金利
FX Online Japanブログパーツ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。